平成22年警察常任委員会2月定例会 1日目

◯荒巻副委員長
済みません、暴力団排除条例に関して1個だけ確認したいのですが、罰則の程度ですね。これは事業者が暴力団を従業員に使ったとか、そういった形では、どの程度まで罰則規定を考えておられるのでしょうか。

◯刑事部長
罰則につきましては、現段階では、暴力団員を接客業務に用いたり、あるいは暴力団員を用心棒として使ったり、あるいは暴力団に用心棒料を払ったりといった行為に対しまして、1年以下の懲役、50万円以下の罰金を考えております。もちろん、こういった行為の相手方になる暴力団員、こちらにも同様の罰則を考えております。
以上です。

◯荒巻副委員長
条例がより効果あるものとして発揮していただくために、この罰則規定を伴っていただくということですので、その辺きっちり押さえていっていただきたいと思います。

あらまき隆三

荒巻隆三
(あらまきりゅうぞう)

  • 昭和47年10月27日
    京都市生まれ
  • 自民党府議団 代表幹事
  • 議会運営委員会 理事
  • 議会運営委員会 議会改革検討小委員会 委員長
  • 農商工労働常任委員会 副委員長
  • 持続可能な地域社会に関する特別委員会 委員
  • 京都地方税機構議会議員
  • 元衆議院議員
  • 元株式会社ワコール社員

リンク

サイトコンテンツ