平成25年警察常任委員会9月定例会 1日目

◯四方委員
もう少しよく考えていただいたほうがいいような、何でもかんでも警察が条例をつくって規制していく問題と、海水浴場の管理者が、ある程度、危なそうなことを見たら、やめさせればいいような話とかもあるかもしれないので、ここまでやり出したら、どんなことでもつくっていかなければいけないのではないかと思います。路上でも危ないことしておったらいけないとか、全ての場所で危険行為は全部禁止していかなければいけないような話になってくると、少し思うので、それは意見として言わせていただきます。
以上です。

◯荒巻委員長
樋口部長、何か背景とか目的とか簡潔明瞭に示せるなら、最後、御発言を許可したいと思います。

◯樋口地域部長
府とも協議はしていますが、一つは遊泳者、泳いでいる人に対して危なくないように保護していこうということで、府も指導もできますし、警察も指導もして、注意をするということが一つでしょうし、プレジャーボート類、これが遊泳者に対する、直近を走行するとか、これに対する禁止措置、中止命令とか、それぞれ重さによって、また指導の仕方も違ってこようと思いますし、罰則の適用もまた変わってくるということですので、御理解ください。

あらまき隆三

荒巻隆三
(あらまきりゅうぞう)

  • 昭和47年10月27日
    京都市生まれ
  • 自民党府議団 代表幹事
  • 議会運営委員会 理事
  • 議会運営委員会 議会改革検討小委員会 委員長
  • 農商工労働常任委員会 副委員長
  • 持続可能な地域社会に関する特別委員会 委員
  • 京都地方税機構議会議員
  • 元衆議院議員
  • 元株式会社ワコール社員

リンク

サイトコンテンツ