令和2年2月定例会 討論

 自由民主党府議会議員団の荒巻隆三でございます。私は、我が議員団を代表いたしまして、ただ今議題となっております第47号議案令和元年度京都府一般会計補正予算案に賛成の立場から討論を行います。
 新型コロナウイルス感染症は、中国湖北省武漢市を中心に世界中で感染が拡大しており、世界保健機構(WHO)が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言する事態となっております。
 日本国内においても感染者が確認されて以降、クルーズ客船で集団感染が判明するなど、感染者は拡大を続けておりますし、京都府内においても2名の感染が確認されており、府民の間に不安が広まる中、感染の未然防止、拡大防止に万全を期さなければなりません。
 また、春節の時期と重なったこともあり、例年と比較しても中国からの観光客が減り、観光消費額にも影響が出ておりますし、さらには、自動車関連を始めとした中国進出企業の工場における操業停止が長引き、さらに国内の工場で一時停止が起きており、いわゆるサプライチェーンに影響が及ぶことなど、これから次第に判明すると思われます、日本、そして、京都経済への影響に懸念を抱かざるを得ません。
 我々自民党府議会議員団といたしましても、感染拡大防止や府民の不安解消等を図るため、きめ細かい情報発信や京都市と連携した検査体制の構築、観光関連をはじめ京都企業への対策等を求める「新型コロナウイルス感染症に係る緊急要望」を西脇知事に提出させていただきました。
 この間、西脇知事は、「京都府新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置、体制を強化されるとともに、専門相談窓口の週末対応、保健環境研究所での検査体制の構築、マスク着用や消毒の励行など、感染拡大防止のため所要の対策を講じてこられましたが、さらに、今回の補正予算案は、我が党の要望も踏まえ、検査・医療体制の確保に必要となる資機材等の整備、更なる府民向けの啓発、消毒による防疫対策を講じるとともに、府市協調で新たな融資制度を立ち上げ、観光客の減少等により売上げが減少した中小企業等を支援するために緊急的に編成するものであり、スピード感のある対応を高く評価するものであります。
 さらに、西脇知事におかれましては、今月7日、全国知事会の総務常任委員会委員長として、会長である飯泉徳島県知事らとともに内閣総理大臣官邸を訪問し、内閣官房副長官に対して、「新型コロナウイルス感染症対策に対する緊急提言」に係る要請を行い、政府に対し、水際対策の徹底、ワクチンの早期開発、機動的な財政出動など7つの項目について提言をしていただきました。
 水際対策などこれ以上の感染拡大を防ぐため、そして、日本経済への影響を最小限に食い止めるためには、国レベルで総合的に対策を講じることが必要であり、西脇知事の迅速な対応を評価いたしますとともに、引き続き、国とも連携しながら、新型コロナウイルス感染症対策に万全を期することを強くお願いいたします。
 最後になりますが、私たち自由民主党府議会議員団は、府議会第一党として西脇府政を支え、全議員が一丸となって、府民の安心・安全で穏やかな暮らしを守るため、一層貢献してまいる決意であることを表明いたしまして、私の賛成討論といたします。
 ご静聴まことにありがとうございました。

あらまき隆三

荒巻隆三
(あらまきりゅうぞう)

  • 昭和47年10月27日
    京都市生まれ
  • 自民党府議団 代表幹事
  • 議会運営委員会 理事
  • 議会運営委員会 議会改革検討小委員会 委員長
  • 農商工労働常任委員会 副委員長
  • 持続可能な地域社会に関する特別委員会
  • 京都地方税機構議会議員
  • 元衆議院議員
  • 元株式会社ワコール社員

リンク

サイトコンテンツ